社員インタビュー

幅広い仕事から経験を重ね
クオリティの高い製品を顧客に提供

組立部 / 2013年入社
堀内 航

仕事の内容について教えてください

私の所属している組立部は、製紙機械の組立作業が主な業務です。機械は新規製作、機械の改造、部品の製作および機械据付など幅広い仕事内容です。当社の製品はすべてハンドメイドで仕上げられ、クオリティの高いものづくりに徹しています。

仕事のどのようなところに「やりがい」を感じますか?

当社の製品はすべてオーダーメイドです。図面を基にいろいろな製品を「かたち」に表します。組立作業は製品製作の最終工程ですから、自分たちが製作した機械から「生活の中で使われているもの」が生産されていることを想像すると、仕事に対して非常に「やりがい」を感じます。


仕事の中で「達成感」を得るときはどんなときですか

取引先の工場で製紙機械を止めて機械の修理を行います。限られた時間の中で機械を仕上げなければなりません。修理を終え、製紙機械を再稼働させ、紙などの生産が再開されます。取引先の方から「ありがとう」と言ってもらったときに、「良かった」と達成感を覚えます。

自分が「成長」したと感じることはありますか?

私は中途入社で勤続4年目になります。前職も機械の仕事に携わっていましたが、まったく機械が異なるため、一から勉強です。少しずつですが、仕事を任され一人で出張することも増えてきました。経験を重ねることで、技能が身につき成長を感じ自信につながります。



仕事と人を知る トップへ戻る

   

Copyright 2018 株式会社小林製作所リクルートサイト