両立支援について

小林製作所には、仕事と生活の両立をサポートする制度があります。

育児や介護等と仕事を上手に両立できるよう、さまざまな取り組みを進めています。
全社員が安心して仕事をしていけるよう、今後もより働きやすい環境づくりをしていきます。

一般事業主行動計画

 一般事業主行動計画  

治療と仕事の両立支援

基本方針:会社は従業員が治療(重大疾病)と仕事が両立できるよう支援します。
支援
(1) 法定外有給休暇の取得
(2) 年間5日の療養休暇の取得
(3) 短時間勤務
(4) 時間外労働、交替勤の制限
(5) 業務内容の変更
(6) 配置転換
(7) 上記以外の支援(医師の意見に基づく支援など)

積立有給休暇

使用しなかった年次有給休暇を積み立てできる制度です。
1時間単位で取得することができます。

事由 上限
(1) 妊産婦の入院等
(2) 配偶者の出産から1年以内の期間に、育児を目的として取得する場合
(3) 育児休業に続けて取得する場合
10日
(1) 不妊治療
(2) 要介護状態にある家族の介護
(3) がん、脳疾患、心疾患、糖尿病、肝疾患、人工透析等の私傷病により、通院又は就労不能となったとき
90日

出産・育児に関する制度

出産祝い金 子どもが産まれると、お祝金が支給されます。
第1子 \100,000
第2子 \100,000
第3子 \200,000
第4子~ \300,000
育児休業中の賃金補助 雇用保険からの給付金に加え、賃金を支給します。
給付金と賃金の合計は、休業前の8割の賃金となります。
短時間勤務 子が小学校に入学するまで、勤務時間を短縮することができます。
育児看護休暇 子が小学校を卒業するまで、子の看護や学校行事に使用できる休暇です。
半日単位で取得でき、子一人につき年5日間取得できます。


介護に関する制度

介護休暇 要介護状態にある家族の介護、付き添い、お世話などに使用できる休暇です。
介護休業 2週間以上、常時介護を必要とする場合、休業を申請することができます。
通算93日/3分割可
時間外労働制限・免除 要介護状態にある家族を介護する場合、時間外労働の制限を申請することができます。
短時間勤務 要介護状態にある家族を介護する場合、勤務時間の短縮を申請することができます。
介護休業中の賃金補助 雇用保険からの給付金に加え、賃金を支給します。
給付金と賃金の合計は、休業前の8割の賃金となります。


会社を知る トップへ戻る

   

Copyright 2022 株式会社小林製作所リクルートサイト